読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rouge et Noir -Check in the Dark-

ドラマ「男水!」で専門がバッタの先輩役の子(名前わからない)のフォームがとても綺麗で気になります。

他の子達は一応泳げますって感じなのに、彼だけ水泳やってましたって感じでとっても泳ぎが綺麗。

 

 

 

本日は、前回に引き続きルジュノワ縛りです。

せっかくだしね!

 

f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170305022040j:image

 

Rouge et Noir -Check in the Dark-
監察官❤︎来栖 玲(cv.佐和 真中)

 

❤︎Rouge et Noirとは?

ハウス」と呼ばれる謎の犯罪シンジケートによって、

港湾都市霞朝にばら撒かれた新種のドラッグ

「ルージュエノワール」。

 

使用者に強烈な快楽を与える媚薬の一面と、

やがて死に至る猛毒の一面を併せ持つ悪魔のドラッグは、

瞬く間に人々の日常を蝕んでいった。

 

事態を重く見た港湾厚生局麻薬取締部によって、

特命を下された新人麻薬取締官(通称:マトリ)のあなた。

 

賭金(ベット)は己の命と正義感。

欲望渦巻く摩天楼の狭間で、

極限の捜査(ゲーム)が今、始まるーー。

 

【トラックリスト】

1.Marking

2.Advertise

3.Pit Boss

4.Out of Line

5.Crying Call

6.Chase

7.Cripple

8.Bet in the Dark

 

公式サイト購入特典CD

「Baby Doll」

 

【あらすじ】

新種のドラッグ「ルージュエノワール」の氾濫により、港湾厚生局麻薬取締部は日々その対応に追われていた。

 

深刻な人手不足に悩まされる特別広域捜査課(通称:特広)は、監察課に所属する監察官 来栖玲に臨時で捜査への協力を要請。

難色を示す来栖を口説き落とすために白羽の矢を立てられたのは、新人麻薬取締官のあなただった。

 

あなたが特広所属の麻薬取締官 真壁亮とバディを組んでることに興味を持った来栖は、あなたとのデートを交換条件に捜査への協力を承諾する。

本心を見せない来栖に翻弄されながらも、なんとか捜査を開始したあなた。

 

だが、「ある人物」と来栖の出会いによって、事態は想定外の方向へと動き始めるーー。

 

 

 


※ネタバレ含む感想となります。
また個人的な意見となりますので、ご理解のある方のみこのまま閲読下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回に1回は佐和さんじゃねーか!!ってツッコミがもらえそうですね。

仕方ないです、私のドストライクな 性癖ですから(笑)因みに性癖扱いしたのは私じゃなくて友人。その表現センスに脱帽し爆笑したけども…。ううむ、否定できない、いや、むしろ否定なんてしない!!

性癖ですが何か?←

 

今作は恐らくUnder the Gunにて、サンプル入手後辺りで分岐し監察官である来栖玲のラボを訪ねるところから物語がスタートします。

なので同一ヒロインってやつですね。

港湾厚生局ってお堅い感じの人多いかと思いきやこの方、ノリがチャラい…いや軽い?

港湾にも色々いるんだね。

人手不足の特広の捜査に協力する代わりにヒロインへ一度デートする事を交換条件に出します。

しかも最近凝っているという自分が調合した香水付き。

デートはちょっと緊張気味?の彼女の空気を和らげるため雑学を披露してみせるも、逆に帰り道に突然のキス。

かと思えば、特広の捜査協力の交換条件だからこれ以上はルール違反とサラッと引いてみたり…。

特定の人は今はいないと言うだけあって、女性の扱いに長けていらっしゃいます。

初っ端からガンガン掌で転がされている感じ。イケメンにこんなことされたら、女性はそりゃあ意識しちゃいますよね。もう、ありがとうございます←

 

捜査中もそんな感じのノリでちゃらっとしてるのですが、締めるところきっちり締めてるのでやっぱりこの方もできる男。

真壁さんは色気って感じだったけど、来栖さんはフェロモンって感じ。

掴み所はないけれど、仕事に関しては穴ががない。そんな彼にもどうやら過去に抱えているものがありました。

それが露呈された瞬間の周りが見えなくなる熱さのギャップが更に物語に引き込んでくれます。

周りが見えなくなってヒロインに平手打ちされ、冷静になった彼は誰にも話してこなかった過去を話してくれました。やだ、個人的にこの人タイプです。好き(チョロい)

 

過去の捜査から繋がっている今回の一件にケリをつけようと決意した来栖さんとヒロイン。

彼女はピットボスの尾行中に拉致されてしまうのですが、来栖さんは1人で救出に乗り込み無事助け出してくれました。

…が、ここで粉塵爆発に使用したドラッグがまさかのルージュエノワール

2人揃って揮発したルージュエノワールを摂取してしまっていたのです。

1人ならまだしも2人仲良く摂取してしまったわけなのでもうどうしようもない状況。

今だけはお互いの立場を忘れようと、近くにある来栖宅へ車を走らせるのでした。

自分で自分がコントロールできないともどかしそうに零しながらも、歯止めが効かない様子はタカが外れた獣って感じです。

この時、来栖のセリフに「君となら壊れるのも悪くない」ってあるのですが、真壁さんは本能の赴くまって感じだったけど、この人はドラッグの力によって壊れてるって感じでまたその違いが2作聞いたからこその楽しみ方かなと…。いや、しかしまぁどっちにしてもエロい。

 

時は過ぎて残業後、帰路につこうとしていたところ偶然、仕事を終えた彼と出くわします。

家に送ってくれると言う来栖さんの車に乗り込むと、少し寄り道。

仕事の話をしていたはずなのに、日付が変わると彼からチョコレートのプレゼント。

この日はバレンタインらしくまさかの逆チョコですよ。彼女もまた、用意していたチョコレートで返事を返すのでした。

家に送るつもりだったそうですが、そりゃあ気持ちが通じたんだもの、そのままお持ち帰り。

ドラッグの力なんて使わなくたって、と前回のリベンジだそうです。もうね、これはこれでいやらしい(良い意味)

そのまま一緒に迎えた朝、2人の電話が鳴ります。

ヒロインは気づかず取ったのは来栖さん。電話の向こうは真壁さんでした。この電話の会話がまたいいんだ。

なんなんですかこのツボついてくる感じ、ヤダ。好き←

 

 

さて、私にしては珍しく今回は公式で通販しました。ステラさんの特典が気になっていたのだけど、予約せずいたら売り切れており入荷未定。待ちきれなくて公式通販したんです。

ですので公式、そしてアニメイトでの特典CDとなっている「Baby Doll」が付いてきました。

仕事後、突然来栖宅にお邪魔することになり遅くまでやっているランジェリーショップに寄り道。いつこんなことがあってもいいようにと来栖さんは自分好みの下着を何着かプレゼントするのですが、その際に彼女が目を止めていたベビードールも密かに購入しているんですね。

帰宅後、早速着替えを要求されるわけで…あとはお察しの通り。むしろそれが狙いですよね?当たり前か。

真壁さんは女性の下着は黒派なのは1作目聞いてる方はご存じかと思いますが、来栖さんは赤の方が好きとおっしゃってました。

え…この2人そんな好みも知り尽くしてるの?って言うか2人のその時の会話が聞いてみたいんですけど(笑)

一服しながら真面目な話ししてるように見えてそんな話ししてたなんてところを目撃してみたい限りです(大真面目)

 

 

 

ルジュノワ、3作目もお相手が解禁されていましたね。

今回で解決までは至らないだろうと思っていたけれど、次回がまさかのピットボスとか…。

港湾厚生局側ではなく、敵方のピットボスがお相手とかどう展開持っていくのか気になって仕方がないです。シリーズ全巻購入フラグが立っております。

完結してないのでなんとも言えないけど、でも私、性癖除いてもきっと来栖玲派です!!(笑)