読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲスおと☆ 千束友靖

本日、伸びきったネイルを直してきました。

担当さん曰く「大学デビューの女子大生」がテーマのネイルらしくなかなかに私らしくない春めいた若い子向けのネイルで心が落ち着きません(笑)

いつも同じ担当さんにお任せなのでたまにこういうお茶目をぶち込んできます。

嫌いじゃないよ♡

 

眼精疲労で頭が若干痛みを訴えてきてますが知りません。

もう倒れたり、胃が痛かったり、頭痛が来たり…本当、過度な期待とプレッシャーとストレスを与えないでいただきたい。

私は、定時で帰るために効率よく仕事したいだけなの!!←

 

 

 

休日だものもう気にしない。

今回は、前回に続き同シリーズのアレです。

 

 

f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170226001555j:image

 

「ゲスおと☆」

千束友靖(cv.佐和真中)

 

【あらすじ】

会社の先輩に連れられて「婚活パーティー」に行ったあなた。
参加者も多く、盛況で人気のパーティにただただ雰囲気に呑まれているあなたを置いて、
先輩はガツガツと目ぼしい男と話に行ってしまう。
1人でどうしたらいいか分からない所に、男に声を掛けられた。

だがその人はとても「個性的」な、というよりも一般的には「ゲス」と呼ばれるような人だった──




※ネタバレ含む感想となります。
また個人的な意見となりますので、ご理解のある方のみこのまま閲読下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兄貴肌のスイミングインストラクターな彼らしいです。

前回同様に(もしくはそれ以上に?)辛口になります。ごめんなさい。

友靖さんもトラックリストは1から3とシンプルな感じです。

前回も言ったのだけどこれね…本当にちょっとストーリーとして短い。

正直ただやってるだけです。

なんだろう…乙女ゲームとしては実現させるための足がかりとしてシチュCDを出しているようですが、それにしても内容薄すぎない?って思いが否めないのだけど…。

18歳以上推奨キャラとして存在している友靖さん。

だからシチュCDもやってりゃ問題ないって考えなのかしらって思わずにはいられませんでした。

ただ、佐和さんのお声は本当に毎度のことではございますが素敵です。

 

 

 

あー…本当にごめんなさい。

私ね、どうしたらオブラートに表現できるか全くもって現在わからないんです。

そしてこれをどう語っていいかわからない。

実はこれでもこの感想一度全部消したんだ。

感想書かなきゃいいじゃんとも思ったのだけど、私自身が結構新しいCD(特に発売済みのもの聞いたことない中の人の時)を購入する際、ネタバレ感想で検討するタイプなんです。

でもってそう言う方、少なからずいるんだろうなって考えると例え辛辣な感想でも言葉にしておきたいなと…あくまで個人の一意見として。

更にはこれを高評価してる人を貶すためでも否定するためでもないです。

むしろそうゆう見方があるのか…と逆の意見に視野が広がる可能性もあるので大歓迎。

だからもしこんなしょーもない自己満足なブログでも参考になるのならと書くことにしたので、ここから先は更に辛辣になると思いますので、覚悟のある方だけ閲読下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これね…私、佐和さんがどうのではなくそもそもの制作陣に物申したいキャラクター設定と脚本でした。

この千束友靖さん「性依存症」というキャラクター設定なのですが、制作段階できちんと性依存症について調べられてますか?ってなるんです。ストーリーの途中で出てくる友靖さんの発言により彼は医学的見地から性依存症には当たらないんじゃないかなってなるのね。

思わず私、自分の認識間違っているのか調べてしまった。

キャラクター設定として「性依存症」のフラグを立てておいて友靖さん本人のセリフによってフラグを折られるってどーなのよ。

もちろんシチュエーションCDにリアル求めるなって言われたら、まぁその主張もわからなくはないんだけど、現存している病気であり少なからずそれに悩んでいる人がいるものに対して物作りをしている人間が間違った認識を与えるモノを作るって根本が如何なものかと…。

こんなコト書くと正義感がどうとか言われるのかなと思ったのですが、私は作品を作る上でそれを作る人間が題材になってるものをきちんと理解していないと表現はできないと叩き込まれてきたのでこれはモヤモヤして仕方のないところの一つでした。

もしかしたら我慢のできない男という意味で性依存症という表現にしたのかもしれないけれど、だとしたらそれは安易すぎる使い方なんじゃないかな?

このキャラクター設定、一つの物語として考えた時面白いし深いと思って期待していただけに本当に残念でなりませんでした。

 

あと、ほぼ8割…いや9割?やってるだけで佐和さんのお声無駄遣い感半端ないの。

これは本当にただただ私の嗜好の問題なんですけど、個人的に佐和さんって本当に役の振り幅広い上に裏切らない方だと思うんです。

「うわっこいつあざとい」とか思って現実にいたらかすりもしないキャラクターすら魅力的にしてくれてしまうので結果、アリだな…やられたって私はなるんです。

でもそれって日常的なシーンでキャラクターを魅力的に作ってくれてるからなんだよね。

確かに18推のシチュCDならではの楽しみの一つだと思うんですよ、ベットシーンとかね。

ダミヘを存分に活かしたい臨場感あふれる息遣いとか声とか諸々、こっちが赤面したくなるくらいさ。

でもそれだけをピックアップしたら勿体無いんだよ!!(力説)

そこはスパイスなんだよ!!

日常的な会話だったりで本当にキャラを魅力的にしてくれる佐和さんなのに…今回そこなんもないじゃん!!どうなってるのこの脚本!!

トラック3まであるんだから一つくらいそれを重点的に入れてよ!!

友靖さんが全く見えないよ!!っていうか本気でただのゲスだよ(涙)

 

 

感情の赴くままに書いてはいけないと何度も試行錯誤した結果すらこんな感想になってしまって申し訳ない限りです。

近いうちもう一度トライしてみてもうちょっとちゃんとした感想書けたらいいな…その時は勝手に編集してると思います。

そして、私はホイホイされるかわかりませんが、いろんなところ改正されてくれるといいな…ゲームでは。

ちょっとこのシリーズ私は今のところここで打ち止め決定です。