ゲスおと☆ 白金泉

昨日発売のシチュエーションCDですね。

 

予約していたので発売日にお迎えに行ってきました。

ってのは雑記の方に書いていたのでご存知の方もいるかと。

深夜、胃痛に悩まされゲームどころではなく…かといってそのまま寝ることもままならないので早速聞いてみました。

 

 今回の感想、多分辛口です。

ただ、好みか好みじゃないかってだけだとご理解頂けるとありがたいです。

千束友靖も聴いているのですが両作品に言えるのは、結構作品自体が短いのでストーリー重視な方には物足りないかと…。

トラックリストも1から3となっているのみです。

なので著名人原案・人気声優起用ってところが1番の売りであって普段同じ値段出して聞いているシチュエーションCDの内容量考えるとボリューム感にかけてる気がしてしまいます。

CV担当している声優さん推しな方にはいいのかな…?

トラックリストに関しては先ほど述べたようにそれぞれにタイトルがあるわけではないので割愛させていただきます。

ってことでいってみましょう!

 

 

 f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170225224727j:image

 

「ゲスおと☆」

白金 泉(cv.浪川大輔)

 

【あらすじ】

 

会社の先輩に連れられて「婚活パーティー」に行ったあなた。
参加者も多く、盛況で人気のパーティにただただ雰囲気に呑まれているあなたを置いて、
先輩はガツガツと目ぼしい男と話に行ってしまう。
1人でどうしたらいいか分からない所に、男に声を掛けられた。
だがその人はとても「個性的」な、というよりも一般的には「ゲス」と呼ばれるような人だった──

 

 

 

※ネタバレ含む感想となります。

また個人的な意見となりますので、ご理解のある方のみこのまま閲読下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全年齢対応のシチュエーションCDになっております。

こちらが第一弾ということらしいです。

お相手は病的に潔癖症な男性・白金泉さん。

潔癖症と聞くとなんだかもうすごい神経質で堅物なんじゃないかって思うのですが、そこはさすが浪川さん。

なんだか潔癖症の割にはマイルドでどこか憎めない可愛らしい印象にしてくれます。

婚活パーティーで白のシャツを着ていたヒロインに清潔そうな印象と自分と同じ考えの持ち主なんじゃないかと思い込み奇跡の出会いを果たします。

泉さん曰く「一目惚れなんてそんな軽い表現をしないでくれ!奇跡だ」との事です。

案外ロマンチストなのね。

 

ついでに言うと結構端々命令口調になってしまう俺様タイプ?です。

そしてこれでもかってくらいヒロインへ消毒薬ふりかけます(笑)さすが潔癖症

もうSEのスプレー音が笑ってしまうくらい振りかけているので洋服冷たくなりそうで心配です。

外気に長時間触れたら自宅に帰宅なんてしたくない。

なるべく新しい且つ風呂とトイレは別のホテルで、心ゆくまでお風呂にて全身くまなく綺麗にしないと部屋には入らないし入るなとヒロインに強要します。

因みに、ホテルに置いてあるタオルは使ってはいけないそう。

真空で包装してある泉さんオススメのタオルを使い捨てろとな。

わーお金持ちの潔癖症って怖い。

デートは泉さんの車の中です。

理由はもちろん菌が蔓延している外気に晒されない安全な密室だから(笑)

もうここまでくると笑うしかない。

 

"素肌で触れ合えないなら結婚はできない"

 

普通では当然だろうと思うことをようやく伝えたヒロイン。

因みにここまで結構なすがまま。

この子意思はないのだろうかってくらいひたすら泉さんの主張ばかりで若干置いてけぼり感じてしまいました。

心が広いのかな…私だったらなんだこいつと思ってしまうのだけど←

 

そんなヒロインの主張に一世一代の勇気を振り絞り手袋脱ぎ捨てて手を繋ぐ泉さん。

車に乗る前には、ヒロインの顔まで消毒してくれるのですが、女子なら当然の心配になるメイク…やっぱりちょっと落ちてしまったみたいです。

しかしそんなメイクが少し落ちてしまった頬に泉さんがチューしてくれます。マジか。

その後、慌てて「気持ち悪いなら消毒してくれ」と消毒薬を勧めてくるあたり潔癖症は簡単には治らないのですが、この慌てている様がまた可愛らしい。

 

最後はお家にお招きしてくれるのですが、人を入れるのは初めて。

もちろん帰宅早々お風呂行きはお約束なのですが「抱きしめたくてたまらないから早く風呂に入って消毒してこい」なんて言葉が!!

成長したね…。まだまだ先は長いけど(笑)

しかし泉さんに私はゲスって印象を受けませんでした。

だって彼女のことはひたすらに好きなんだもの。

ゲスおとって言うくらいだから私はてっきり最初は彼女すらバイ菌扱いレベルなのかなって想像していたので拍子抜けしました。

 

 

 

婚活パーティーで知り合ってお付き合いを始めるってまでのストーリーなのかな?とは思いますがポンポンと話が進みすぎてストーリーに置いてかれている感じが少々否めません。

そんなにヒロインが好きだったの?と思わなくもなかったりするし…そう言う点では最初も言いましたが、ストーリー重視したい方には個人的にはあまりお勧めできない気がしなくもない…。

ただ、浪川さんお好きな方には浪川さんの演じる可愛らしい泉さんを堪能できると思います。

そう言う意味では期待を裏切らない浪川さんありがとうございます!だったんだけど、割とストーリーも重視したい私としては物足りなさいっぱいでした。

同じお値段出すなら申し訳ないけどもっときちんとストーリーを追えるものがいいな…。

ただまだ後に控えている千束友靖さんがね…もう聴いているからアレなんですけど、詳しくはこちらの感想の時に書きますがなんて言うか…うん。

友靖さんに比べたらまだ全年齢対応だけあって泉さんの方がストーリーしっかりしてるのかなと思いました。