読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋人vs二次元 #1オタク彼女の場合

シチュCDの感想を更新するのってすごく久しぶりな気がします。

待っていて下さった方がいらっしゃるのかは甚だ疑問ではありますが、お待たせしました。←

 

平日仕事を終えて帰宅するとその疲労とストレスをゲームとかで解消することに走ってしまって…。感想書くのは好きなのですが文章を書きあげるのってどうしても頭フル回転させるから楽しくても割とエネルギー使っているのに気づいて避けがちなのです。

いや、一応社会人なので明日へ体力残しておかないとね…。こんなでも一応真面目に仕事だけは終わらせていたりするんですよ。脳内早く家に帰ってゲームしたいとか、今日はCDお迎えに行く日だから早く帰らなきゃとかよこしまな気持ちが原動力ですけれど(笑)

 

 

ってことで、宣言通りGWなので更新します。

今回はこちらです。

 

 

f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170504224644j:plain

恋人vs二次元 #1オタク彼女の場合

榛原薫(cv.村野住人)

 

【トラックリスト】

STAGE1:彼女の推しキャラ

STAGE2:まさかのおつかい

STAGE3:料理中にちょっとだけ

STAGE4:しちゅえーしょんCD?

STAGE5:完璧な王子様

STAGE6:いつもの彼で

STAGE7:夢中なもの

 

【あらすじ】

部屋で乙女ゲームに夢中なあなたのもとへやってきたのは恋人の薫。

 

いつも以上に熱中する理由は、

お気に入りのキャラクターと彼の声がそっくりだからだった。

高いテンションで熱弁するあなただったが、彼は面白くない…。

 

そして薫は、ある行動にでるーーー。

 

 

※ネタバレ含む感想となります。

また個人的な意見となりますので、ご理解のある方のみこのまま閲読ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初に私謝らなければいけないことがありまして…ずっとこのタイトル「恋人×二次元」だと思ってました。正しくは「恋人vs二次元」なんですね。本当ごめんなさい。

気を取り直して、実はこの作品情報公開されてからずっと購入迷っていたものでした。

だってオタク彼女って…まさしくリアルにこのヒロインちゃんリスナーと同じじゃないかってどんな内容になるのかと。まぁ大方リアルに同じ境遇だからなんていうか想像はつくんですけど、正直オタクを開示して付き合ったことないので想像の域でしかないんだけど…(笑)開示する必要性も感じてなければわざわざ隠すこともしてないけど。

まぁそんなわけで気になりつつも購入しあぐねていたのは実は私がまだ村野住人さんの作品に手を出したことがなかったからってのが一つあったりします。

お名前だけは知っていたのですがどうにもかわいらしい男性を演じているイメージが強かったので中々手を出さないところにいらっしゃいました。実際は違うのかな?その辺リサーチしてないのでわからないです。

ただ、これ聞いて思ったのはやはりかわいらしい彼氏でした。なんだこのかわいい生き物。

 

さて物語は彼氏である薫くんが彼女のところにやってくるところから始まります。

玄関で声をかけても気が付かない彼女。外に出かけようと提案しても彼女はもう少しで終わるからと断ります。

理由を聞けば彼女は乙女ゲームにご執心で推しキャラについて熱く語ってきます。

挙句、その推しキャラの声を薫に聞かせるわけです。彼女…お強い(笑)

優しい薫くんはその声を聴くわけですが、イヤホンから流れてくる声はなんとまぁ薫くんにそっくりな声でクサイセリフをツラツラと…この反応がまたかわいいです。

 

何とか彼女を説得して買い物に出かけるも彼女の買い物はオタクだけあってその手のお店。そうなるよね(笑)

欲しいものは本だけじゃないだろうと本は買っておいてあげるから他のフロアで買い物済ましておいでと言ってくれるのですが、それでいいのか!絶対後悔するのにって思っていたらやはり案の定BL本でした。この彼女、なかなかやりおる。

 

終始彼女が薫くんに愛されてる感じがものすごく伝わってくるのにこの彼女本当にお強い…いやマイペースというべきなのか、イチャイチャしたい薫くんの心を知らず我が道を行きます。一番不憫になったのは帰宅してからキッチンでの一コマでした。

いざ俺のターンってなったら料理に戻っちゃうんだもん。なんていうか察してあげて!!って思わず声をあげたくなりました。

それでも彼女優先してあげるあたり本当けなげ…(涙)

彼女大好きな薫くんのけなげな行動はまだまだ続き、夜彼女が眠りについたのを見計らって敵(彼女の推しキャラ)を研究するのですが、シチュCD聞くあたり本当頑張るな…って。私自分が男だったら彼女のためでもシチュCDは遠慮したい。ただ彼女にシチュCD聞かされてギャーギャー反応している薫くんに関しては可愛すぎていつか誰かに同じような反応するのか試してみたいな、と←

 

翌日、彼女の大好きな推しキャラのように接してみるものの彼女に笑われてしまうあげく、実は夜中の隠れた行動は彼女に筒抜けだったと判明。

推しキャラよりも彼好きだという彼女とようやくイチャイチャできるのでした。

 

オタクであることにひくこともなく、むしろ嫉妬して推しキャラ研究しちゃったり、彼女の買い物に付き合ってあげたりと本当この子いい子だな…っていうかできた彼氏だなって聞き終えてほっこりしつつキャラ設定見たら薫くん27歳でした。え…まじで?

可愛い過ぎるだろこの27歳。どこに行ったら売ってるんですか?榛原薫ください←

オタク女子にとっては本当優良物件すぎる彼だからこそ、彼女も気兼ねなくオタク活動できるんですね。そーですよね。現実とは大違いだ(笑)

なにより彼がだいぶ彼女に振り回されつつも彼女大好きが終始伝わってくる反面、この彼女マイペースすぎて逆に愛らしいというほのぼのカップルでした。末永くお幸せに…。

 

普段、佐和さん、土門さん、茶介さんとか結構お耳がキャーって(言い方)なる方ばかり聞いているせいでしょうか、ベッドシーンが村野さんはすごくソフトな印象受けました。このストーリー自体が結構コミカルだからなのかな?シチュCDはじめての方でも聞きやすいんじゃないかな?って個人的に感じたりもするのですが、この作品、第二弾はオタク彼氏なんですよね。それはそれで気になる次第です。

大正×対称アリスやってる

黒蝶のサイケデリカと男遊郭のトロコンしました。

連休ですね。

なんだかんだで予定が入り、有休で一日前倒しで突入したGWですが干物になろうとしている私を周りが許してくれません←

一日目はその前日以前のアルバイト先の先輩とご飯の後、2軒目に選んだ安酒にやられてアルコールによる誘発喘息引き起こしたっぽくて死亡フラグ立っておりました。

そんな中でも、攻略したゲームとかもうやらないであろう興味なくしてしまったゲーム達を4本ほど養子に出して新しいゲーム手に入れてきた次第です。

ちょいちょい出てくる咳は嫌な感じの咳の上、頭は痛いし体だるいし引きこもってゲームに打ち込める体調じゃなかったので何とかテンション上げたかったといっても過言ではないかもしれない(笑)

 

そのうちの一つが男遊郭だったわけですが…夜、割と体調が復活しだしたので始めたらまさかの2日目にしてトロコン。プレイ時間だけで言えば1日くらいかもしれない…マジか

結構前から気になっていて、ただレビュー見ても辛口の感想ばかりが多くて手を出しあぐねていたんですけれど半額で手に入れるというチャンスがあったので購入。

設定はおもしろいんだけどな…と思いながら始めた以上簡単にまた投げ出すのもな…ととりあえずひたすらやりこんだらあっけなくトロコンしてしまい、あれまぁな状況です。

まぁなんていうか…うん。皆様の感想もなんとなく頷けるものでした。

面白くないわけじゃないんだけど…真相ルート作るなら各キャラにきちんと生かしてほしかったよね。

真相ルートとなる攻略キャラともう一人以外その謎関係ないよねって正直思ってしまうくらい他のキャラクターにとってはさして問題とならない感じでした。

その問題が重要ってよりは最早相手が傾城ってのが問題ってだけ。

なので、ストーリー重視の方にはお勧めできないかな…?中の人は豪華だから中の人好きな方にはいいのかもしれません。

中の人豪華なのに内容薄くて個人的には満足度は低かったです。2日目にトロコンできてしまうくらいなのでね。あ…辛口だなこの感想。

それなのに外伝的なものはダウンロード別途(課金)でしてくださいってのは、正直都合よすぎるんじゃない?公式さんって思ってしまったので私はダウンロードしてません。

決して楽しめなかったわけではないんですよ。楽しめたのは楽しめたけどもっときちんと膨らませるところ膨らませてほしかったなってだけです。せっかく面白い設定なんだから…。

 

さて話がそれました。とりあえずそんな1日目を終えて昨日は夕方から用事があったのでお出かけ。原宿から渋谷なんていう人混みでごった返した場所へ行ってきました。

人混み嫌いな私ですがミッションだけは済ませて帰宅。

本日から大×対アリスを始めたわけです。

友人と昨日A3カフェの件で連絡取っていたらGWの予定の話になり「基本家で干物と化してゲーム三昧だけどジョカゲだけ観劇しに行く」と言ったら、「趨のイメージが舞台>ゲームにならないように観劇楽しんできてね」と釘をさされました。

あーね…最近ゲーム三昧だからね…あとアンダーグラウンド(彼女は18推のシチュCDのことをこう呼ぶ)ってことでジョカゲだけは執念で見に行くのですが、なんだかんだで皆干物の私を外に出したがるようで今日になってまた1件予定が入るっていう…自宅に引きこもるという平穏がおとずれない…なんで?

 

あ、でも実は今日ようやく積みCDの中から恋人×二次元聞けたので深夜にでもひっそり感想UPしようと思っております。

この前の佐和さんCDもいじわるは何とか全部聞いた気がするんだけど(記憶が曖昧)おねだりの方が途中で夢の中だったんですよね…常盤学園も途中で夢の中だった気がする…。

最近の私は耳福だとテンション上がる前に夢の中に旅立ってしまうようで、なかなか困ったものです。

南は鹿児島から北は北海道まで

せめて週一更新!!趨です。

最近、雑記ばかりじゃないかってわかってはいるんです。

でも休日引きこもりの干物オタクと言えど、社会に出ている以上人付き合いもあるわけで…仕事の方たち(と言えど主催は兄貴のような存在)とご飯に行ってきました。

こんな私でもね…うん、一応は社会人としての表の顔もあるわけです。びっくりだよね本当(笑)

 

で、当初の予定はしゃぶしゃぶではなかったのですが会場予定だったお店にちょっとトラブルがあり、同じオーナーさんの別のお店にてしゃぶしゃぶを堪能してきました。

オーナーさんと入違っちゃって久々にお顔拝めるかと思いきやそれも叶わず…無念。

しかし、オーナーさんのご厚意によりお任せで食材が出てきたわけですが、それがもうすごいすごい。

南は鹿児島から北は北海道まで有名なブランドの豚肉と牛肉を堪能させていただきました。これね…本当おいしくて夢中で食べた(笑)

しかもまた秘伝のたれがとてもおいしいし、そこに好みですりおろしのニンニク入れるのですがこれがまた最高においしい。

しかも一つしかない奥の個室でみんなでおいしくいただきました。

本当VIP待遇。馴染みってすごい…。

久々にお酒も進んで気持ちの良い時間過ごせました。

本当、ごちそうさまでした。正直また行きたいけどお金出していないので金額わからない…また連れて行ってもらおう。←人頼み

 

f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170428200702j:image

そんな食事トークはひとまず置いておいて…本日は予約してたCDお迎えに行ってきました。

ちゃんと写真に収めてみたのは、買ってないわけじゃないんだよアピールです(笑)

発売日当日にきちんとお迎えに行っています。

今日は、「らぶえっちな彼のいじわる」と「らぶえっちな彼のおねだり」もう説明不要の佐和さんです。

2作同時購入で特典CDついてくるので毎度の如くステラさんで予約してお迎えに行った次第です。

思わずね、他のものも物色仕掛けて何とかとどまりました。

予約も含め…踏みとどまった。でもきっと予約しなくても買いに行くんだろうな。わかってる。

じゃあなんでわりと購入してるくせに感想あげていないのかっていうと、もちろん時間が取れていないというのもないわけじゃないんですが、何とか寝る前に聞こうと再生してお布団に入るのですが(趨は寝るときに聞く派)、最後まで辿り着く事無く夢の中なんです。もしくは、途中は堕ちて後半にまた意識が戻る←

そんな感じで中々きちんと感想書くことができていないのが実情です。

あとは書こうと思って再度聞き直す時間をとれていない…。

連休にまもなく入るのでそこでようやく願いが叶いそうです。

今しばらくお待ちいただけたら嬉しいな…待っていて下さる方がいるのであれば。

書く書く詐欺はしません。必ず連休には!! 

 

f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170428200647j:image

 

 

なので、とりあえず前回宣言していたすでに購入することにしている予約リストだけでも今回はUPしておきます。有言実行!!

以下、私の現段階での購入の予約リストです。

 

 

【5月】

  • 「S彼×Night 友達以上恋人未満のS彼編」咲間慧(佐和真中)
  • 「Rouge et Noir ‐Double Down‐」ピットボス♦アーレン.・クライヴ(テトラポット登)
【6月】
  • 「S彼×Night 可愛いのにSだった彼氏編」小鳥遊哉汰(まつたけ弥太郎)
  • 「Beat#Mix vol.1」浦紬晃哉(皇帝)
  • 「やっぱり同級生(タメ)恋人が好き!3」芦田愁平(佐和真中)
  • 「S彼×Nigit 調教好きなクールS彼編」一ノ瀬湊(テトラポット登)
【7月】
  • 「Beat#Mix vol.2」早瀬智紘(佐和真中)
【8月】
  • 「Beat#Mix vol.3」香月彗(魁皇楽)
【9月】
  • 「Beat#Mix vol.4」久雅稜(土門熱)
 
連動特典とかに惹かれてシリーズ予約してるものが先の予定まで占めているので、現段階では6月までが結構密に予約入れた子たちです。
なので7月以降は今後も増えていくかと…5月6月に関しては予約せずとも検討しているものがないわけではないのでおそらくこれも、予約以外のものが気づいたら増えていたとかありそうな話だったりします。
すぐ行ける距離にお店があるってある意味怖いんだ(笑)
因みにルジュノワは公式特典も以前気になったままなので購入してしまいそうな第一候補だったりします。

 

干物オタクのハズなのに…

週末ですね。皆様いかがお過ごしですか?

気づけばまた更新せぬまま過ぎていく日々…趨です。

 

先週はちょっとばかり近場に旅に出て温泉を満喫しておりました。

桜がきれいでした。ぎりぎり見れたよ…ギリギリ

 

f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170422190347j:plain

 

先々週は友人に誘われて大好きなラルクのライブへ参戦。

三月末だったかな?はハイステを観劇。

…とちょっと普段にはないほど珍しくお外へ出て気分転換をしておりました。

基本人込み嫌いだけど好きなことに関してはまだ耐えられる(笑)

 

そんなこんなでなかなか更新できていないのですが、着々とゲームにしてもCDにしても積みあがっていってはおります。一番の楽しみだからさすがにそこは放置しないです。

 

カラマリ終わってからもニルアドとか…アムネシアとか…もろもろフルコンとはいかずとも各キャラのエンドはそこそこ見終わっていたりするのですが本日も新たに購入してしまったり…昨日はCDお迎えに行きがてら佐和さん追加しちゃったり、と相変わらずなのでただただブログに書きたいものが貯まってゆきます。

一応、購入リスト↓

 

乙女ゲーム

・黒蝶のサイケデリカ

ノルン+ノネット ヴァール コモンズ

【乙女シチュCD・18推】

・Sweet×Sweet ぐずぐずに甘やかされて…♥(茶介)

・恋人×二次元 #1オタク彼女の場合(村野住人)

・えねみーかっぷりんぐ🎵ステップ 1匹目・猫 嶺狛鈴(佐和真中)

 

こんなラインナップ。

ゲームは新作攻めるとかなかなかしません。よほどのことがない限り…。

割と高評価っぽいものの中から自分でやりたいの見つける口です。

CDよりお値段アレだからあまり冒険しないやつです(笑)でもまぁ気になれば新作もすぐ購入してしまうんですけどね。(盲目につられるのはおそらく中の人)

金太郎飴的なのが一番嫌いなので、ストーリー重視な分、いろんな方のプレイ後の感想を参考に検討させていただいていたりします。いつもありがとうございます!

CDは実は今お財布の中に予約票がわんさか住み着いているので来月あたりからちょっと大変そうです。

だってシリーズ購入しないともらえない特典が釣られる内容だったりして今回普段なら手を出さないであろうまだ初見の方の予約までしてる←

そうでなくてもオタクとしては内容が気になってしまって今回購入の中では村野住人さんが私お初にお目にかかりますなんですけども…お名前は聞いていたんだけどね。

ってことで一応予約分も近々リストアップしてみますね。

なんにせよ、たまっている分から少しずつ書き溜めていきたい次第です。

しかし来週末も駆り出されそうなんだよな…うーん…。

 

 

がんばります。

見捨てないでいてくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

 

吉原彼岸花

お久しぶりです。趨です。

最近ブログの更新放置してひたすらゲームに没頭していました。

仕事がひと段落ついたと思ったら、また一山やってくる兆しに辟易しているもんだからもうゲームやらないと心が癒されない。

ついでに佐和さんの声聞きながら寝るのが平日の日課←

PCあるとやはり便利ですね。

元来、ケータイいじるよりもPCいじってたりするほうが好きなので…だってケータイでの作業ってちまちましてるじゃない。だからLINEもTwitterも何もかも帰宅したら速攻PCにつなぐっていうケータイあまり開かなくなってきた生活。

外出時とA3稼働させている時は別ですが…。因みにA3はたるち推しです。

トーリーは冬組が一番好き。

さて今回がつがつやりこんだ挙句フルコンプして、さてこれからどうしようか…ってなってしまったのはこちらでした。

カラマリカラマリ言っていたのでカラマリかと思っていらっしゃる方もいるかと思いますが…実はまだカラマリはフルコンプしてないんだよね(笑)

だってバッド回収辛いんだもん。

尊が悲惨な悲鳴あげてたりするんだもん(これでもかってくらい尊推し)

なので引き続き心を鬼にして頑張ります。今ちょっとアムネシアに逃げてるけど←

 

 

 

f:id:sxifraga-love-dec6-natural:20170408225810j:image

 

吉原彼岸花

 

【CAST】

伊勢屋 惣一郎…佐和真中

朔夜…木島宇太

大月 忍…須賀紀哉

神楽屋 彰人…髭内悪太

桜華屋 時雨…ほうでん亭ガツ

 

【あらすじ】

時は江戸。

 

絢爛豪華な町の裏側で、欲望が渦巻く新吉原。

 

老舗遊郭【桜華屋】で、最高位の花魁を務める千早。

祖国に暮らす両親の元へ帰るため、

朝な夕な、誰とも知らぬ男の伽の相手をする。

 

普段と変わらない日常。

吉原という小さな世界だが、

千早にとっては自分を証明できる大切な場所。

楼主の時雨、禿の柚、共に働く心強い遊女たち…

かけがえのない存在に囲まれ、

苦界と言われども花魁の仕事に誇りを持っていた。

 

本当の恋を知るまではーーー

 

抗えない運命にのまれていく、一人の遊女の激動の物語。

 

 

 

※ネタバレ含む感想となります。

また個人的な意見となりますので、ご理解のある方のみこのまま閲覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、vitaの移植版待たずして購入してしまいました。

ずっとプレイしてみたかったんです。またお前吉原かよってツッコミはスルーします。

しょうがないじゃん、だってメイン佐和さんじゃん!!私にやるなってほうが無理でしょうって話です(開き直り)

PC購入決断したとき正直同時購入でしたよ。えぇ。

友人にとうとうPC買ったって言ったら「あの方のために」って爆笑されましたよ。

まぁそれもありますが正直ゲームもPCも買わなかったのは、ますます引きこもりに拍車がかかるのわかってたからです。それに抗えなかった原因の一つに佐和さんがいたことは否定しないですけどね…干物だよ。干物でも私は幸せです(断言)

 

話が大幅にそれつつあるので元に戻します。

攻略サイト様は多々あるのでそれはそちらにお任せします。わざわざ私のやることでもなかろうと思うので…でもって一人一人詳細に感想書くには一気に攻略しすぎた上にそれなりに時間費やしたのでもう一度やり直さないことには所々曖昧すぎる罠。何せ最後はやはりバッド回収だったので。

たぶん攻略はそんなに難しいものではないです。なにせ私が攻略できたのだから。

基本面倒くさがりな上、フルコンプよりお目当て攻略に生きているので…。

一部制限がかかってはおりますが、キャラ自体に制限がかかっているわけではないので初回から全キャラクターのルート選択に行けるようです。

因みに私、知らないうちに彰人ルート入っていました。つくづく俺様が好きらしい…。

知らないうちに入っているってことはたぶんそうゆうことでしょう。

確かにねカラマリの尊といい、今回の彰人といい好きだよ。この二人のドSっぷりはデレが素敵なドSでした。今のところ不動の一位と化しているのは尊です。

そうそう、一部制限がかかっているのは惣一郎さんと時雨です。

惣一郎さんの場合は他のキャラ一巡しておかないとベストエンドが、それを攻略しておかないと時雨の真相エンドが攻略できない仕組みです。

 

惣一郎さんは子供の頃にヒロインと結婚の約束をした幼馴染でヒロインを吉原から助け出すためのし上がってきたという、廻船問屋の主人です。

たださわやかな王子様じゃないだろうなって端々で感じてたらやはりそうでした(笑)

その裏のある感じ好きよ。

ただ私、正直惣一郎さんベストエンドよりバッドエンドの一つである「遠い日の約束」が一番好きです。

惣一郎さん好きだけど他のエンドとりあえずどれもこれも…ね。うん。

外だったり、複数だったり…お腹一杯通り越して胃もたれ起こしそう。

複数に至ってはなんていうか…見事にお病みになりましたねって感じで。病んでるだけなら佐和さんのお声なので大好物なんですけど病んで出た行動の方向が個人的に悪趣味すぎて好きになれませんでした。好きな方は好きなんだろうな。

 

朔夜は髪結いの年下の彼でした。某シチュCDも髪結いは年下だったな。髪結いは年下という定義でもあるのだろうか?

無口でとっつきにくい男性が心を開いて慕ってくる工程はキュンってするよね。なんか野良猫がなついてくれる感じ…。ストーリーの中でも拾った猫が二人の距離を近づける要因になっていたりします。ヒロインの生い立ちにかかわってこないキャラのうちの一人なのでそういった意味ではフランクに読み進められるけれど、私は朔夜が手紙ヒロインに手紙を出す下りが好きです。あとお弁当が和菓子なのは笑った。

バッドエンドは辛すぎたのでベストエンドのほうが好きなんだけど…とりあえずさ、食べ物粗末にするんじゃないよ!(笑)

 

忍さんはね…R18ではない乙女ゲームなら私が攻略したくてたまらないキャラクターしてました。だってこの手のゲームでこうゆう素性がわからないちゃらっとした女性に優しいタイプって大抵身分の高い人っていう設定が定石じゃないですか(笑)好きだよそういうの。

今回も例外なくそのパターンでした…が、こちらも朔夜同様生い立ちには関係ないので割と気楽に進められる人物です。それ故にあんまり覚えていなかったりするけれど、これもベストエンドが好きだな。一番お互いまっとうにお役目果たして結ばれた感じが、現実的に考えると夢物語のような感じだけど、それ故にゲームだからこそよかった。

だもんでバッドエンドで妾になって、正妻との子供殺そうとした当たり女ってこわいってちょっと鳥肌立ちそうになったよ。そんな覚悟のない女が妾になんてなったらダメよ本当。愛人してた友人にも言いましたけどね…私(実話)

 

彰人は時雨の友人で札差。ヒロインを吉原に来たころから知っている人。

犬猿の仲で反発しあっているし、嫌みばっかり言ってくる割に、間夫となってからのデレは破壊力抜群でした。ヒロインの生い立ちに知らぬうち絡んでいて、その事実が発覚してからも罪悪感かかえつつもヒロインと向き合うことをやめない一途さは素敵でした。それが紙一重になるんだろうなとは思っていたけどそうきたか!!

病んでも、狂いきれず目の前で狂ってしまったヒロイン前にそれでも思い続けている様はなんていうか切なかったよ。この人、この作品の中である意味一番真っ当で一番の良心なんじゃないかと思う。ベストエンドもとっても彼女をとても大切にしていて微笑ましくて好き。キャラクターとして一番この作品の中で好きだよ、彰人。

 

最後は桜華屋・楼主 時雨さん。フルコンプしても一番理解のできない男でした。

なんていうか、分析はできたし納得できたけど人として理解できない人ではある気がする。真相エンド見ちゃうと殊更、ベストエンドの時雨を選んだヒロインにこの先幸せが訪れるのか謎です。

理解できないくらい虐げられてきた過去があるのはわかったし、そんな闇に包まれた人生の中で一縷の光をくれたのが幼いころのヒロインだったってのはわかるんだけれど、すべてのエンドを見てしまうとどうにもこの方、人格破綻してるんじゃないかなって同じ人間とは思えないような…納得できるような…なんかもやもやした感じ。

真相エンドとベストエンドだけ見たら良かったねって思えたのかもしれません。

 

サクッと各キャラの感想あげてみましたが、総評して感じたのはこれvitaの移植版はどうなるんだろうってところが最大の疑問になって残りました。

ルフレールをね…移植版初見でやって思ったのが、いろいろ年齢制限の都合上ぶった切るものだからエンディングとかで突然どうしてこうなった?!って感じたんですよね。

だもんで、今回これプレイして思ったのがあーこの手の流れオルフレールもPC版でやってたらあったのかもなとかいろいろ感じでしまいまして、年齢制限かかってPC版で出てるものって移植でやるよりオリジナルでやるほうがやはり理解できるのかも…と。

結果ね、フルコンプした後のイラストがすごい卑猥なことになってたけど(笑)

あとバッドエンドが…すごいよね病むか死ぬかみたいな。

バリエーションの多さに人間の闇の深さを知りました←

 

 

うーん…次はどうしようかな。vita移植版で突然の展開すぎて心理が理解できなくて途中で挫折したオルフレールをオリジナル版購入してみるかなぁ…。

フィルは意外と好きだったんです。ただヒロインがどのルートでもいろんな意味で従順すぎて好感あまりもてないけれど(笑)

とりあえずPCから離れてカラマリバッド回収とアムネシア進めてみようと思います。

PCゲームは気になるものが見つかるまでお預けかな…と。

何かおすすめあれば教えてください←

無事、年度末を乗り切りました

無事、本年度も締まったよ。

だから喜び勇んでPC購入してやりました。

ついでに、ハイレゾ対応のDOPも購入してやりました。

いつもより飛んで行った桁が違うけど後悔なんてしてやりませんよ。

 

そんなこんなで、さっそく一人セットアップしています。

こんな時、「私、機械弱いからぁ」とか漫画に出てくるような女子ヨロシク言えたのならかわいらしいのかもしれませんが、大体一人できるっていうね(笑)

業者にサポート頼む必要すらない、もはやかわいげのない私。だって、わざわざセットアップとかにお金かけたくないじゃん?家に人呼びたくないじゃん?面倒くさい←

休日はスウェットのまま家で一人好きなことに明け暮れたい干物女子としてはね、無駄な労力を使いたくないわけです。

結果たくましくなりました、趨でございます。

 

そしていい感じにセットアップも終えたのでこれから思う存分曲を落とし込もうと思うのですが、その前にブログの更新。

やはりサクサク進みますね。ブラインドタッチできるって素晴らしい!!

スマホからの更新とはわけが違う。

そんなわけで、これからは仕事も落ち着くことだし、PCパイセンもあることですし、シチュCDの感想も少しは上げやすくなるかなとウキウキしております。

もうちょっと環境整えたくもあるんだけどね…マウスないのはちょっと不便です。

 

あ、vita移植版発売待たずして「吉原彼岸花」購入してしまいました。

そりゃあね…PC家にあるならそうなるよね←

そして、もうそろそろ終わりのみえてきた「カラマリ」に後ろ髪ひかれながら次のゲームは「アムネシア」にした次第です。もう一つ目をつけていたの店頭で品切れだったので(泣)

それから先日お迎えした「ラブトラ」の宝梅賢二さん素敵でした。

近々必ず感想書きたい。

そんな感じでいらない近況報告でした。

もうちょっと使用環境整えたいと思います。

取りに行けるとは思わなかった

ようやく少しだけ仕事が落ち着いてきました。

放置したいわけじゃないけど、いかんせん時間に追われてます。

 

あ、それでもカラマリはトロコンまであとはバッド回収のみになりました。趨です。

 

最初にも書いた通り少しだけ落ち着いてきたおかげか、諦めて居たラブトラを発売日である本日お迎えできました。

本当無理だと思って居たから今ちょっとテンション上がってます(笑)

積んであるCDもあるし購入検討中のものもある上に感想かけて居ないものもたんまりあるので、徐々に上げていければと思います。

口だけにならないようにしないと…。

PC購入にも本格的に動き出してるのでそうしたらもっと楽に更新できるかな?

 

兎にも角にも、訪問してくださってる皆様、暫しお待ちいただけたらと思います。待っていないかもしれないけれど…。